技林TOP > 自宅サーバ構築メモ > Vine Linux にしましょう


≫OS は UNIX系にします

Windows 環境でもウェブサーバやメールサーバを運営することが可能です。ただし、利用者の数ではUNIX系が圧倒的です。もろもろの理由がありますが、ここでもやはり、長いものには巻かれろの精神でサーバのOSはUNIX系を選択することにしました。

決め手のひとつを上げるとすれば、UNIXサーバはほとんどの環境が無料で手に入るから、です(´ν`)

その上、それらは充分すぎる性能を持っています。

≫UNIX とは、Vine Linux とは

UNIX は1968年にアメリカAT&T社のベル研究所で開発されたOSです。その移植性の高さから現在ではあらゆる派生OSを生み出しています。

Sun Microsystems社のSolarisとSunOS、Hewlett Packard社のHP-UX、IBM社のAIX、SGI社(旧Silicon Graphics社)のIRIX、Caldera Systems社(旧Santa Cruz Operations社)のUnixWare、カリフォルニア大学バークリー校(UCB)のBSDとFreeBSDなどがそれです。

そして、Linux も同じく UNIX です。1991年にフィンランドのLinus Torvalds氏によって開発されました。

既存のOSのコードを流用せず、0から書き起こされた Linuxは、GPLというライセンス体系に基づいて、誰でも自由に改変・再配布することができ、比較的低い性能のコンピュータでも軽快に動作し、また、ネットワークやセキュリティーの機能に優れ、UNIXであるがゆえに非常に動作が安定しているという特長を持っています。学術機関を中心に広く普及しており、企業のインターネットサーバとしても多く採用されています。

Linux には、様々なディストリビューション(配布パッケージ)があります。最も有名なのは RedHat Linux です。他には、Debian GNU/Linux, TurboLinux, Slackware, Plamo などがあります。それぞれ特徴があり、含まれるソフトや対応しているハードに違いがあります。

UNIX系のどの OS を選択するか、Linuxのどのディストリビューションを選ぶか、というのはある程度慣れてくれば関係なくなってきますが、初心者にとってはけっこう重要な選択になります。ダイ@管理人は、Vine Linux を選びました(これも長いものには巻かれろの精神を基本に選んでいます。初心者のうちは、利用している人が多い、つまり色んな情報が手に入りやすい環境を進んで選ぶべきだと思います。初心者のうちからトライ&エラーで技術を得て行くのは骨が折れすぎます)。

Vine Linux は RPM ベースの標準的なディストリビューションを基本としており、インストールが手軽で、何よりもまず日本語への対応が突出しています。これは英検3級のダイ@管理人にとっては何よりもうれしい点です。

実は、Vine Linux を選ぶ前に、一度 RedHat に挑戦したことがあるのですが、当たり前の英語環境にアレルギーを起こしてサーバに触る気が全くなくなったことがあったりします(RedHat は RedHat で良いディストリビューションですよ。誤解なきよう…)。

Vine Linux の公式サイトはこちらです。

≫Vine Linux のインストール

Vine Linux はパッケージ商品、雑誌、書籍、インターネットなど色々なところで手に入りますが、無料優先ということで、インターネットからダウンロードして、CD-Rに焼いてインストールすることにしましょう。
  1. 先ほどの公式サイト内のVine Linux FTPサイトから辿って .iso ファイルをダウンロードします。
    .isoファイルはたいてい /CDIMAGE/ のようなディレクトリ名のディレクトリ内にあると思います。
    /CDIMAGE/ は 、名称は色々FTPサイトによって異なったりします。 .iso ファイルには i386 とか alpha とか ppc とかあると思いますが、普通のDOS/Vマシンなら i386 でOK。容量はCD丸々一枚分くらいあるのでADSLでもダウンロードにそこそこ時間がかかります。
    ftp://ftp.nuie.nagoya-u.ac.jp/pub/Linux/Vine/Vine-2.6/CDIMAGE/Vine26-i386.iso
     
  2. ダウンロードしてきたら、CD-R に焼きます。
    これはデータ形式で焼くのではなくて、ISOイメージです。B'sRecorderなら下のウェルにドラッグします。
     
  3. Linux をインストールするPCに作成したCDを入れて起動します。
    PCのBOOT設定によってはうまくインストールCDから立ち上がらないかもしれません。その時は、BIOSのセットアップでCD-ROMからBOOTするように設定します。DELETEキーを押しながら起動するとBIOSセットアップに入れると思います。
     
  4. インストールは指示に従って進めます。
    インストール時に画面表示が変だったりするかもしれませんが「表示」がおかしいのはインストール後に直せます。ダイ@管理人なぞグラフィカルモードがしょっぱなから全く立ち上がらず、テキストモードでインストールしたくらいです。インストールは迷わずフルでいいと思います。HDDが足りなければ増設しましょう。限定的にインストールしていると、後々何かインストールするたびにアレがないコレがないと面倒な作業が増えます。また、起動モードはテキストにしておきましょう。他、もろもろの設定はデフォルトで進めて問題ありません。
     
  5. インストールは棒グラフで進行状況を表示しながら行われます。
    そこそこ時間がかかるのでコーヒーでも飲みながら待ちましょう。もしもこの段階まで来てトラブルが発生するようであれば、ハードの構成を見直して故障などもちょっと視野に入れてみましょう。大抵は最初からやり直すとうまくいったりすると思いますが。CD-ROMドライブが故障していると実インストール作業の段階で止まることが稀にある様子。
     

≫インストール時にとっても役立つ力技

Ctrl + Alt + Del で再起動かけられます。
でもハードディスクやドライブが動いてる時は押しちゃダメ。
(C) bayashi.net