技林TOP > 自宅サーバ構築メモ > 外部からの接続について


≫Webページの公開

自宅サーバの醍醐味は何といってもWebページの公開にあります。インターネットに国境は無く、世界中に情報が発信できます。それも自宅から。

しかし、Apache や ANHTTPD などの Webサーバを設定しても外部に公開できているかのテストは意外に難しかったりします。

なぜなら、自宅サーバと同じLAN内のマシンからのアクセスとインターネット経由のアクセスでは、ちょっと違いがあるからです。詳細を知りたければ DNS について勉強してみると良いでしょう。

そこで、このページでは、簡単にWebサーバの外部接続テストを行う方法を紹介します。

≫公開テスト

公開するためにまず必要なことは、まずポートを空けるという作業です。これは、通常ルータで設定します。

Webサーバへのアクセスはポート80番を使用するのが普通です。ルータでポート80へのアクセスをWebサーバマシンに向けるよう設定します。
ただし、Webサーバの設定で80番以外のポートを使用するように設定している場合は、任意の使用ポートを開ける必要があります。

では、外部接続テストの方法ですが、いくつかあります。

まず、インターネット接続可能な携帯電話があれば、テストページを作成して携帯電話でアクセスしてみましょう

もしくは、プロクシを通してアクセスしてみましょう
プロクシを経由することによって、サーバと同じLAN内のパソコンからでも一旦インターネット上のプロクシサーバを経由するので外部から接続していることになります。
ただし、プロクシによってはプロクシの都合で表示できなかったり、妙なページに飛ばされたりすることもあるので注意しましょう。

または、以下のサイトを利用してチェックすることも可能です。

サイト解説
netcraftサーバの状態をチェックしてくれるサイトです。英語なのでわかりにくいかも。
excite翻訳本来は翻訳サイトですが、外部からの接続テストに使えます。ついでに英訳とか試せるので面白いです。
Infoseekサイト登録本来は検索エンジンの登録窓口ですが、文字コードを判別するために接続してくるのでテストに使えます。ついでに登録申請もできてお得。

≫LAN内からアクセス

LAN内からドメイン名でアクセスしようとすると、ルータのログイン画面が出たりして、サイトに辿り着けない経験はありませんか?

詳しい事情は DNS を勉強していただくとして、LAN内のマシンからWebサーバにドメイン名でアクセスする方法を紹介します。

C:\WINDOWS\Hosts

というファイルがあると思います。もしくは C:\WINDOWS\Hosts.sam というファイルがあると思います。
もしも Hosts.sam だけだったら、同一内容の Hosts というファイルを作成します。どちらも中身はテキストファイルですので単純にコピーすればOKです。

そして、Hosts ファイルの中に

127.0.0.1       localhost
192.168.1.2       www.example.com


という風に IPアドレスとドメイン名を組にして記述します。

上の例では、例えば http://localhost/ にアクセスしたら、http://127.0.0.1/ にアクセスするのと同じように振舞われます(つまり自分自身にアクセスする)。
http://www.exampl.com/ にアクセスすると、http://192.168.1.2/ にアクセスするということになります。
ドメインとIPアドレスの組み合わせは1行ごとで、必要なだけ記述すればOKです。

Hosts ファイルによる設定は、各マシンごとに行わなければなりません。
クライアントマシンが多くて1台1台設定するのが困難だとか、多くのドメイン名を解決しなければならないような場合は、LAN内の名前解決を行う DNS サーバを立てるのが賢いかもしれません。ただ、自宅サーバだと、クライアントマシンもそう多くないと思いますので、 Hosts ファイルで対処するのが楽だとは思いますが。

当然ですが、Hosts ファイルによる名前解決でアクセスできていても、インターネット経由でアクセスできるとは限りません。外部からの接続は、前述した方法でご確認願います。

技林TOP > 自宅サーバ構築メモ > 外部からの接続について
(C) bayashi.net