TOP > スクリプト制作メモ > お気楽極楽パソコン購入術

≫はじめに

パソコンを買いたいのだけれどどこでどういうのを選べばいいのかわかんない。
そんな人のために、パソコン購入術をメモしてみます。

≫パソコンは乱暴に言えば3種類

パソコンは乱暴に言うなれば3種類あります。大手メーカ製品とショップブランド品、そして自作パソコン。
  • 大手メーカ製品

    NECとか富士通とかシャープとか。外資ならIBMやHPとか。
    大手メーカは浅いパソコンの歴史の中でも老舗揃いです。ブランド管理までやってますし、メーカー社員の人件費も高いので(一般的なパソコンだけ売ってるわけじゃないですけど)、価格もスペックの割に高いことが多いです。

  • ショップブランド品

    パソコンというのはパーツの集まりです。どういったパーツがあるかは後述するとして、ちょっと前までNECのパソコンなのにCD-ROMドライブは別メーカーというようなこともありました。
    つまり、大手メーカーも自前のパーツはいくつかあるだけで、実際は他メーカーのパーツと組み合わせてパソコンとして売っているのです。なのでブランドが必要だったりするわけです。
    ところが、そのパーツの組み合わせを自在に行って売るショップが現れます。高機能を安く買いたいマニアに大ウケし、いまではそういったパーツを組み合わせて買うパソコンをショップブランド品などと言います。
    ショップブランド品は、ある程度知識があれば、本当にコストパフォーマンスの高いものを購入できます。

  • 自作パソコン

    ショップブランド品は、ショップがパーツを組み立てて郵送してくれますが、組み立て費用が入ってます。それも削ろうと思えば自分で組み立てる他ありません。
    細かい部分に知識がいるので上級者しか手を出せない領域です。ただ、パソコンの組み立て作業自体は意外と簡単です。やることはコンセントを挿すこととなんら変わりません。各パーツも東京、大阪、名古屋などの電気街に行けば安く揃います。条件と物が揃う機械遊びが好きな人は挑戦してみましょう。(私なんかは、いちハードの交換も面倒ですけど)

≫どこで買うか

パソコンを買おうと思った時に購入する場所と言えば、町の電器屋さんが一番初めに思い浮かぶでしょうか。店員さんに説明を聞きながら購入を検討できるので安心かもしれません。他にもテレビの通販番組や新聞雑誌の販売広告、インターネットサイトでの購入ならパーツを好きなように組み合わせることもできます。

購入する場所別の注意点
  • 町の電器屋さん

    品揃えは大手メーカー製品が多い。値下げして売られているものは最新のものではなく、やや型落ちであることが多い。ただ、全国規模のチェーン店では、大量仕入れのスケールメリットを活かして、最新のものが安く売られていることがあります。
    電器店で購入するメリットは、何より店員にいろいろ質問をしながら購入できることと、もしもトラブルに巻き込まれた時も面と向かって相談できることでしょう。
    ただ、売る時だけ良い顔をしているのかもしれません。なにせ向こうは売らなければならない立場ですから。トラブルも誠実に対策を取ってくれるか人を見る目が大事かもしれません。

  • テレビ通販

    深夜とかよく流れてます。ケーブルテレビなんかだと24時間通販番組が流れてるチャンネルもあったりします。ブラウン管の中で調子よくパソコンを勧められると思わず買いたくなってしまいますが、テレビ通販で売られている多くのパソコンは型落ちだと思います。メーカーが在庫処分として大量に卸しているという情報を見たことがあります。
    周辺機器がいろいろ付いてきて、値段もお得に見えますが、合計金額で安いかといえば疑問な印象を私は持ってます。いるものいらないもの関係なく付属してきますし。
    とは言うものの、時々ビックリするような掘り出し物が出てる時があります。その狙い時は決算期や年末です。確かに安いし、オマケも充実。テレビ通販で買うなら時期を選びましょう。

  • 新聞雑誌の販売広告

    最近ではパソコンやインターネットに直接関係のない一般誌でもお目にかかるパソコン販売広告。中級者から上級者にはけっこうお得です。
    パソコンのスペックなどは詳細に記していることが多く、スペック重視であれば他との比較もしやすく便利。しかも、広告ひとつで売ろうとしているだけに、価格やスペックが魅力的なものが多いのは事実です。
    ただ、スペックの読めない初心者にはリスクが大きいかもしれません。また、発行物についている広告の多くは販売期間や台数が限定されていることが多く、決めたら即購入手続きを取らないと買い逃してしまうかもしれません。さらに、購入するパソコンの広告は保管しておきましょう。商品が届いてみたらスペックが違うなんてことは充分にあります。

  • ネット直販

    インターネットサイトでパソコンを販売しているサイトは数多くあります。メーカー直販から電器屋のサイト、中でも狙い目なのは組み立てパソコンというパーツを自由に組み合わせて買えるショップブランドのパソコンです。
    初心者にはちょっと難しいかもしれませんが、中級者から上級者には是非チャレンジして頂きたい。なぜなら、欲しい高機能を安く買えるからです。ネット上でパーツを好きなように組み合わせて買うことができるのです。
    インターネットでの販売は、売る側からすればあまりコストがかかりません。なので消費者にとって安いというメリットがあるのですが、メーカーサイトで売られているものはそんなこともない印象があります。ただ、ネット直販専門のメーカーは大手でも安くて高機能です。初心者なら直販専門の大手がオススメです。



パソコンは昔は高価なものでした。今やそこそこのスペックで3万円を切った価格の新品が買えたりします。ネットをする程度なら、ネットオークションで中古なら1万円を切ってたりします。オークションだとサポートは期待できませんが、購入の穴場でしょう。また、メーカが直販サイトに在庫処分品を出すことがあります。メーカー直で在庫処分となればお得なのは誰の目にも確かなこと。見つけたら即買い必至です。

≫パソコンのスペックの読み方

パソコンの性能はおおむね値段に比例して上がりますが、安く手に入れようと思えば、パソコンでやりたいことを吟味して必要最小限のスペックと周辺機器の構成を選ばなければなりません。

  • デザインが気に食わないと使う気も失せます。


  • CPU
    高性能Intelか低価格AMDの2者択一。性能が高いと発生する熱も高い。


  • メモリ
    多めに積んだ方が良い。多すぎるとマザーボードやOSが認識しないこともある。


  • HDD
    容量だけでなく回転速度(7200rpmなど)にも注目。大容量でも遅いと不便


  • CD-ROM
    読み書き当然。DVDが読めるのもほぼ当たり前。書き込めるにはちょっと値段が張る。


  • ポート
    USB、シリアル、SCSI、プリンタなど。くちは多い方が当然良い。USBは最近ではVer2が主流。


  • ディスプレイ
    液晶が主流。CGなど色にシビアな使い方ならそれなりに選ぶ必要あり。


  • キーボード
    シンプルなものから多機能なものまで。サイズやデザインで選ぶ。実際はキーのタッチは重要。


  • マウス
    小さすぎると使いにくい。ホイールは必須。


  • スピーカ
    安い500円でもそこそこ使える。これば幾らでもある。やっぱ通はアンプ付き。


  • OS
    Linuxの安さに惹かれてはいけません。素人にはまだ無理。マックは中級以上の友達がそばにいれば選択しても大丈夫。


  • アプリケーション
    ほとんどのアプリはフリーウェアでコト済みます。



  • 椅子とあわせて高さとか姿勢が調子よくないと疲れます。

≫サポート

パソコンにトラブルはつきもの。トラブルに対処できる上級者を除いてはメーカや購入店舗がきっちりサポートしてくれるか調べておきましょう。上級者でもサポートの確認はしておいた方が良いでしょう。なぜならパーツの交換などが無料になったりするからです。

≫参考サイト


TOP > スクリプト制作メモ > ウェブログ(WEBLOG)について
(C) bayashi.net