TOP > スクリプト制作メモ > ウェブログ(WEBLOG)について

≫ウェブログ(WEBLOG)とは

ウェブログは Web と Log を合わせた造語であることはなんとなく予想がつきやすい。ウェブログというネーミングをしたのはジョーン・バージャーという人(誰?)らしい。

ウェブログは略してブログと言われたりもします。そしてウェブログを作者をウェブロガーとかブロッガーとか呼ぶらしいです。

ウェブログにはこれという定義がないらしい。なんとか定義しようとするならば、定期的に更新されるジャーナル系サイト。ジャーナル系でない日記やテキストサイトの類も全てウェブログに分類して間違いではない。じゃあ、ビジュアル志向のウェブログはないかといえば、ちゃんとあったりする。

定義のあいまいなウェブログでも、いくつかの共通性が見られる。
ほとんどが個人サイト、更新頻度が高い、関連サイトへのリンク、最新の情報がトップに位置する、個々の情報は時系列で並んでいる、読者がコメントを付けられる、情報にサイト作者の嗜好が強くあらわれるなど。

日本では日記もウェブログに分類されがちですが、ウェブログの本拠アメリカでは馬の骨の出来事自体はウェブログではないとされているそうです。まあ、つまり情報価値のないものはウェブログではないということでしょうか。

発祥自体は色んなサイトのWhat's Newページ、いわゆる最新更新情報を集めたWhat's Newサイトあたりが起源らしい。それが日記サイトとか個人ニュースサイトなんかと一緒くたに進化してきて、共通フォーマットとして昇華したのがウェブログだと思われます。

≫ウェブログ(WEBLOG)の流行はナゼ?

日本ではここ数年で一気に知名度が上がったウェブログ。その秘密は何かというと、ウェブログを作成するための便利ツールが開発されたということ。

Movable Type や PikiWiki や Blosxom など。その他にもいくつか存在しますが、これらのツールがちょっとした知識でインストールできたり、それでいて画期的に便利だったりしたので一気に普及し始めたと思われます。

中でも注目すべきはトラックバックという機能です。
これは、逆リンクを勝手に作ってくれる機能。つまり、自分のウェブログにリンクしているウェブログに勝手にリンクしてくれる。このことでウェブログ同士が関連性高く存在できるようになり、読者にとってもトラックバックを辿ることで関連情報を効率よく知ることが出来るのだ。

最近ではウェブログという言葉に負けず劣らずなくらいトラックバックという言葉が普及しているほどである。

≫ウェブログ(WEBLOG)をはじめるには

ウェブログは、前述したとおりこれといった定義がないので普通に定期更新するHTMLでテキストサイトを作ればそれでウェブログになります。

ただ、せっかくならツールを使ったほうがかっこよく作れます。

しかし、ウェブログツールをインストールしたり設定するにはけっこう高度なサーバ知識が必要になります。

そこで、ウェブログを簡単にはじめるためのウェブログサービスがあります。こちらの方が圧倒的に簡単です。初心者と自負する方はそいういったウェブログサービスを利用すると良いでしょう。

代表的なもので

≫自分のサーバでブログ

専用サーバや自宅サーバを持っている人は、ブログツールをインストールしてオリジナルのブログ環境をつくるのも手です。

多少知識が必要ですが是非、トライしてみましょう。

こちらに MovableTypeのインストールメモがあります。

TOP > スクリプト制作メモ > ウェブログ(WEBLOG)について
(C) bayashi.net