TOP > FAQインデックス > 原因は文字コードにあり!


≫原因は文字コードにあり!

文字コードというものの存在を知っていますか?

Windows環境であれば普通はシフトJISというコードを使っています。
WindowsXPなんかではユニコードというコードの編集も可能です。
マッキントッシュも基本的には同じです。
Windowsとは改行コードが違っていたりしますが、文字コードに関しては同じです。

Webサーバに多く使われているOSはUNIXです。
このUNIXでは、WindowsやMACとちがってEUCという文字コードを標準的に使用します。

最近はいずれのOSでもユニコードへの対応が進んでいるという現在進行形の話は置いておいて、Webサーバ上で実行されるCGIもEUCコードである方が何かと都合が良かったりします。

無料配布のCGIの多くはシフトJISで書かれていることもありますが、当サイトではEUCを積極的に採用しています。

EUCコードのテキストはメモ帳やシンプルテキストで読むことが出来ません。
いわゆる文字化けという状態になってしまいます。

しかし、悩む必要はありません。
EUCコードに対応した無料で高機能なMKEditorというテキストエディタがあります。
ダイ@管理人も非常に便利に使ってます。

さらにもうひとつ、メモ帳トラッパーというIEでページのソースを表示した時に、任意のテキストエディタで表示するためのツールもあります。
テキストエディタと一緒に導入することをおすすめします。

さて、
当サイトのCGIスクリプトの文字コードは基本的にEUCです。
これは勝手に変更してはいけません。
解凍されたままの文字コードで開いて保存しなければなりません。

テキストエディタの自動文字コード認識は意外にあてにならなかったりもしますので、十分注意しましょう。

また、FTPソフトで文字コードを転送時に変更するものがありますが、そういうことはしないほうが身のためです。

HTMLファイルにCGIの出力を表示する場合、それぞれの文字コードがあっていないと全角文字が化ける可能性が高くなります。気をつけましょう。

TOP > FAQインデックス > 原因は文字コードにあり!
(C) bayashi.net