TOP > doG
最新リリースはパッケージ 0006b (2004/12/29)です。★更新履歴

≫目次



≫概要

doGは、アイコン吹き出し型のゲストブックCGIです。
メッセージを投稿者と管理人だけが読めるようにする「ないしょ伝言」機能で、気軽な投稿が可能です。
その他にも以下の様な機能(など)を備えています。
  • スクリプトはシフトJISなのでメモ帳で編集可能
  • デザインの変更も簡単
  • ファイルロック
  • ホスト名による投稿拒否機能
  • ホスト名やブラウザなど投稿者情報の取得/表示設定
  • 投稿メッセージ内のURLは自動リンク
  • 画像へのリンクをリダイレクトして縮小表示
  • Jcode.pm対応(通常はjcode.pl)
  • 投稿通知メールの送信(要sendmail)
  • gzip対応(要gzip)
などなど。

▲目次

≫動作環境について

doG の推奨動作環境は以下の通りです。それぞれソフトのバージョンや組み合わせの相性・設定に依存する部分も多く、あくまでも推奨です。

プラットフォームUNIX(Linux/FreeBSD/Solaris)
WebサーバApache
PerlバージョンPerl5以上
文字コードシフトJIS (改行コード CR+LF)
ブラウズIE6で検証

▲目次

≫ダウンロード

doG はフリーウェアです。

スクリプト利用規定に同意の上、無料でお使い頂けます。

■アイコン画像についての注意事項

ダイ@管理人より
ゲストブックCGI
ゲストブック ゲストブックCGI

doG の配布アーカイブに含まれる
admin.gif biguru.gif daru.gif pagu.gif retri.gif sizu.gif
以上のファイルの著作権は ×××タイセツナモノ××× 管理人くうさん にあります。

ゲストブック
ゲストブックCGI

▲目次

≫設置(インストール)方法

設置までの手順は以下の通りです。順番に確実にこなしていきましょう。
  1. アーカイブを解凍する
  2. Perlパスを書き換える
  3. 設置構成とパーミッション
  4. 実行する
ではひとつずつ詳しく解説していきます。




1.アーカイブを解凍する

doG は LHA形式で圧縮し配布しています。
ダウンロード後、解凍作業をするにはLHA形式に対応した解凍ソフトが必要です。解凍すると以下のファイルが展開されます。

*ディレクトリ構造を保って、空ディレクトリやファイルも残す設定で解凍すると、転送作業などその後の設定が楽チンです。


・/dog/ --- doG用ディレクトリ。
  • dogi.pl --- 設定ファイル(諸々の設定はこのファイルで)
  • dog.cgi --- 実行ファイル(Perlパスの書き換えが必要)
  • jcode.pl --- 文字コード変換ライブラリ by 歌代 和正さん http://www.srekcah.org/jcode/index.html
  • jua.pl --- ユーザエージェント値解析ライブラリ
  • index.html --- リダイレクト用HTML


  • /dat/ --- データディレクトリ
    • dog.lck --- ファイルロック用
    • dog_log.cgi --- ログファイル
  • /images/ --- アイコン画像ファイル
    • admin.gif --- 管理者アイコン画像ファイル
    • biguru.gif daru.gif pagu.gif retri.gif sizu.gif --- アイコン画像ファイル
    • f1.gif 〜 f6.gif --- 吹き出し表示用パーツ画像ファイル
    • title.gif --- タイトルロゴ画像ファイル
  • /ReadMe/ --- 利用規定や解説書などドキュメント用





2.Perlパスを書き換える

Perlパスを書き換える必要があるファイルは dog.cgi だけです。
dog.cgi の1行目に書かれているPerlパスを設置するサーバの環境に合わせて書き換えます(デフォルトは #!/usr/bin/perl)。

Perlパスとは #!/usr/bin/perl#!/usr/local/bin/perl という部分のことです。

設置サーバのCGI環境を解説しているページなどに載っていると思います。どうしてもわからない方は設置サーバの管理者に直接お尋ねください。

また、各ディレクトリの名前や設置位置を変更する場合は、dcpi.pl 内の設定を正しく書き換えます。
自信の無い方はこのドキュメントどおりの設置構成にしておけば特に変更の必要はありません。




3.設置構成とパーミッション

以下の構成でサーバにファイルを設置して、パーミッションを設定してください。( [パーミッション値] )

authkey.cgi は dog.cgi を実行して、マスター認証キーを設定するとスクリプトによって作成されるファイルです。

*当幅フォントでないとずれます(;´Д`)

  /public_html/--┼--index.html [604]
                 │
                 ┼--/cgi-bin/--/dog/--┼--dogi.pl [604]
                     [705]     [705]   │  dog.cgi [705]
                                       │  jcode.pl [604]
                                       │  jua.pl [604]
                                       │  index.html [604]
                                       ┼--/dat/--dog.lck [606]
                                       │  [707]  dog_log.cgi [606]
                                       │         (authkey.cgi) [606]
                                       ┼--/images/--admin.gif [604]
                                           [705]     biguru.gif [604]
                                                     daru.gif [604]
                                                     pagu.gif [604]
                                                     retri.gif [604]
                                                     sizu.gif [604]
                                                     f1.gif 〜 f6.gif [604]
                                                     title.gif [604]
  *[ ]の中の数字はパーミション値





4.実行する

設置構成例の通りであれば、
http://設置したサーバ/cgi-bin/dog/dog.cgi
にアクセスします。
または、リダイレクト用のindex.htmlを設置していれば
http://設置したサーバ/cgi-bin/dog/
でもアクセスできます。

はじめての実行の時は、マスター認証キーの設定フォーム入力が表示されます。
マスター認証キーは管理者を認識するためのものです。マスター認証キーによって記事に返信したり記事を削除したりできます。あまり単純な文字列にしないようにしましょう。

マスター認証キーが設定できたら、[戻る]を押します。後は通常のゲストブックとして動作します。

あとは、これといった説明の必要もないかと思います。

▲目次

≫サポートについて

大変申し訳ありませんが、設置方法や改造などについて個別の“メールによる”お問い合わせには応じかねます。全て個人でやっているため、事務処理の軽減にご協力願います。

▲目次

(C) bayashi.net