TOP > doCNT
最新リリースはパッケージ 0003b (2004/12/30)です。★更新履歴

≫何をするスクリプトか

docntは、あなたのホームページの
  • 総アクセスと、ページ毎のアクセス数
  • 昨日と本日のアクセス数
をグラフィカルに表示するためのCGIスクリプトです。いわゆるカウンタです。

*設置可能環境はUNIX全般を推奨。ANHTTPDでも設置可能です。
*Perl5以上であれば動くはず。
*スクリプトの文字コードはSJISとなっています(ウィンドウズのメモ帳で編集可能です)。
SSIでスクリプトを呼び出す方式です

≫機能

  • 総アクセス、昨日、本日のアクセス表示
  • ページ単位のカウント数も表示
  • テキスト表示とグラフィック表示の切り替え可能
  • 2重カウントアップ防止機能付き
  • ファイルロック機能付き
  • プロクシチェック機能付き
  • 特定のホストからのアクセスをチェック
  • 特定のブラウザからのアクセスをチェック
表示サンプル(グラフィック表示)はこんな感じです。
のべ 009508(000106)人
本日53(31)人 :昨日91(12)人(カッコ内はThisPage)

≫ダウンロード

doCNT はフリーウェアです。

スクリプト利用規定に同意の上、無料でお使い頂けます。

≫設置

ダウンロードし、任意のディレクトリに解凍すると、以下のファイル(/ディレクトリ/)ができます。/cnt/ディレクトリがなければ作成します(これは設置サーバにあれば良いので、とりあえずローカルには無くてもかまいませんが)。

  • docnt.cgi --- カウンタスクリプト本体
  • filelock.pl --- ファイルロックライブラリ
  • proxy.pl --- プロクシチェックライブラリ
  • /cnt/ --- もろもろデータ保存用ディレクトリ
  • /images/(0-9).gif --- 数字画像データ


  • ReadMe.html --- 解説書(サーバにアップロードする必要はナシ)
  • ds_rule.html --- スクリプト利用規定(サーバにアップロードする必要はナシ)
ReadMe.html、ds_rule.html以外のファイルを任意のディレクトリに.cgiファイルはアスキーモード、.gifファイルはバイナリモードでアップロードします

●設置ディレクトリ構成(等幅フォントでないとずれます(T.T))
  /public_html/──┼----index.shtml
                   │
                   ┼----/images/----(0-9).gif [604]
                   │
                   ┼----/cgi-bin/---┼---/docnt/--┼---docnt.cgi [705]
                             [705]   │    [705]   │   filelock.pl [604]
                                                   │   proxy.pl [604]
                                                   ┼---/cnt/ [707]
  [xxx]の数字はパーミション値
それぞれのファイルの位置は、docnt.cgiの中で定義しています。この設置構成例と違う場合はサーバの都合にあわせて変更してください。特に数字画像の位置は必ず設定してください。デフォルトでは何の指定にもなっていません。
パーミションはファイル名(フォルダ名)の後ろについているカッコ内の数字に設定します。上記の数字でうまく動かない場合は、それぞれ[705]→[755]、[707]→[777]、[604]→[644]、[606]→[666]に変更してみてください。それでもダメなら、設置サーバでの設定環境をサーバ管理者に聞いてみましょう。サーバによって色々と癖があったりします


そして、docnt.cgiの先頭1行目を設置するサーバにあわせて変更します(変更しなくても良い場合もあります)。これはわからなければこれから設置しようとしているサーバの管理者に「Perlのパスを教えて」という風に聞いてください。
多くのサーバでは
#!/usr/local/bin/perl
になるかと思います。デフォルト設定(#!/usr/bin/perl)の方がちーっと特殊(^_^;)


あとはアクセスログを取得したいHTMLファイルに以下の文を挿入します。
<!--#include virtual="〜設置パス〜/docnt.cgi?page=PAGE_NAME&put=(t ro g)&keta=(表示桁数)"-->
〜設置パス〜はdocnt.cgiのURLを入れます。設置するHTMLファイルからの相対位置で指定します。
PAGE_NAMEはログを取得するHTMLファイル(上の文を挿入するファイル)の識別用にページ名を入れます。アルファベットと数字、アンダーバー、ハイフン以外の使用はおすすめできません
(t ro g)はtがテキスト表示、gがグラフィック表示です。
(表示桁数)はのべカウント数を表示する桁数です。

例えば、前述の設置構成例でindex.shtmlファイルでログを取得する場合は
<!--#include virtual="./cgi-bin/docnt/docnt.cgi?page=INDEX&put=t&keta=6"-->
という風になります。
(上の場合は設置ディレクトリパスは相対アドレスで、ページ名は拡張子を除いたファイル名としてみました)。

*設置するHTMLファイルの拡張子について[けっこう重要!]
SSIを含むHTMLファイルの拡張子は.htmlや.htmのものを.shtmlや.shtmに変更しなければなりません。
そうとう甘い設定のサーバだと.htmlや.htmでも動くかもしれませんが、サーバへの負荷を考えると.shtmlや.shtmへの変更を推奨します(ちなみにお気楽極楽は.htmlだけど(^_^;))。
たいていは.shtmlや.shtmに変更しないと動かないかと思いますので変更しましょう。

さて、無事に設置できるとSSIを挿入した部分にカウンタが表示されると思います。あとは訪問者を待つだけです。
/cnt/ディレクトリにはカウンタ数を記録したファイル(page=で指定する文字列)とサイト全体のカウント数を記録したファイル(サイト名で指定する文字列)が作られます。また、実行中はファイルロック用のファイルやディレクトリが作られます。拡張子のない「docntlog」というファイルは2重カウントアップ防止用のログ一時保存ファイルです。

≫さいごに

大変申し訳ありませんが、設置方法や改造などについて個別の“メールによる”お問い合わせには応じかねます。全て個人でやっているため、事務処理の軽減にご協力願います。

(C) bayashi.net