TOP > CastInfo

≫最新情報

CastInfoの最新リリースはパッケージ 0003 (2006/05/27リリース) です。

更新履歴

★緊急の連絡はありません。

≫ダウンロード

CastInfo はフリーウェアです。

スクリプト利用規定に同意の上、無料でお使い頂けます。


≫概要

CastInfoは、CGIとして設置する掲示板ツールです。

パスワードを持った管理者だけが記事を投稿できます。

RSS配信が可能で、What's New のようなコンテンツに向いています。

自らのサーバに自ら設置して利用する限り、法人サイト・個人サイトを問わず無料で利用できます。

動作サンプルはこちら(技林のWhat's Newです)。

≫動作環境

dopvSTAR* 開発環境は以下の通りです。
プラットフォームVine Linux2.6r4
WebサーバApache1.3.27
PerlバージョンPerl5.6
ブラウズInternetExplorer6
(DonutQ)
COOKIE/JavaScript有効
    以下の環境を満たしていれば、たいてい動作するかと思います。
プラットフォームUNIX系(Linux/FreeBSD/Solaris)
WebサーバApache
PerlバージョンPerl5以上
ブラウズInternetExplorer5.X以上
COOKIE/JavaScript有効

≫インストール手順

CastInfoをサーバに転送設置する手順は以下の通りです。
  1. アーカイブを解凍する
  2. Perlパスを書き換える
  3. cii.pl を編集する
  4. ファイルを転送する
  5. パーミッションを設定する
FAQ : CGI設置に必要なソフトは?

順番に説明をよく読みながら、確実にこなしていきましょう。

思うより簡単なのでご安心を(´ー`)

1. アーカイブを解凍する
CastInfo をダウンロード後、LHA形式に対応した解凍ソフトで解凍します。

ディレクトリ構造を保って、空ディレクトリやファイルも残す設定(解凍ソフト)で解凍しましょう。

LHA形式? 解凍ソフト? → FAQ : 解凍できない

解凍すると以下のようなファイル群が展開されます。

編集の必要があるのは cii.pl と ci.cgi のたった2つだけです。


・/ci/ --- CastInfo用ディレクトリ。
  • cii.pl --- 設定ファイル(カスタマイズはこのファイルで)
  • ci.cgi --- CGIスクリプト(#Perlパス編集)
  • style.css --- スタイルシート


  • /images/ --- 画像ファイル用ディレクトリ
    • feed.jpg --- RSSフィードアイコン画像


  • /_dat/ --- データ保存用ディレクトリ
    • /lock_dir/ --- ファイルロック用
      • lock.txt --- ファイルロック・フラグ用ファイル


  • /_lib/ --- ライブラリディレクトリ
    • jcode.pl --- 文字コード変換ライブラリ


  • /ReadMe/ --- 利用規定などのドキュメント

FAQ : ダウンロードしたファイルに一部ファイルやディレクトリが無い

2. Perlパスを書き換える

展開されたファイルの ci.cgi を編集します。

1行目に書かれているPerlパス( #!/usr/bin/perl )を、設置するサーバの環境に合わせて書き換えます。

たいていは、#!/usr/bin/perl#!/usr/local/bin/perl だと思いますが、サーバによって異なります。

Perlパスの情報は、設置サーバのCGI環境解説ページなどに載っていると思いますが、どうしてもわからなければ設置サーバの管理者に尋ねましょう。

3. cii.pl を編集する
cii.pl は初期設定をするライブラリです。

cii.pl をテキストエディタで開くと、設定など詳しく解説コメントつきになっています。

FAQ : ソースが文字化けして読めない

cii.pl は Perl の文法に従って、変数に設定値を代入する形式で書かれています。

ほとんどはダブルクオートやシングルクオートに囲まれた部分を変更する作業です。

行末の ; (セミコロン)を消してしまったり、変数名($xxxxx)を変更してはいけません。

4. ファイルを転送する
ファイルの転送は FTPソフトを使って行います。

転送モードは テキストファイル( .cgi .pl .css .txt )はアスキーモードで、画像ファイル( .jpg )はバイナリモードで転送します。

ダウンロードしたアーカイブ(ciXXXX.lzh)のディレクトリ構成を保って解凍し、FTPソフトの転送モード自動判定が有効であれば、CastInfoの最上位ディレクトリ(/ci/)をアップロード指定すれば、一気に転送できます。

5. パーミッションを設定する
以下の構成とパーミッションでサーバにファイルを設置してください。( [パーミッション値] )

CGI設置の大前提知識!! → パーミッションについて


  /public_html/cgi-bin/ci/--┼--cii.pl[604]
              [705]   [707] │  ci.cgi[705]
                            │  style.css[604]
                            │
                            ┼--/images/--- feed.jpg[604]
                            │  [705]
                            ┼--/_dat/---/lock_dir/--- lock.txt[606]
                            │  [707]    [707]
                            │
                            ┼--/_lib/--- jcode.pl[604]
                                [705]

  *これらのファイル以外に、index.html, index.xml, password.cgi, ci_data.cgi が
    ci.cgi を実行することにより作成されます。

設定できたら、http://設置サーバ/ci/ci.cgi にアクセスしてください。

一番はじめは、パスワードの設定になります。

パスワードを設定すると、もろもろのファイルが作成され、記事の投稿が出来るようになります。

≫サポート

設置方法や改造などについて個別の“メールによる”お問い合わせには応じかねます

設置や運用のトラブルのほとんどは FAQ で解決すると思います。

PerlによるCGIスクリプト制作メモも役に立つと思います。

どうしても解決できないトラブルや不具合の報告はサポート掲示板でどうぞ。

CastInfo の設置に成功したら、あなたのブログで使い心地などレポートしていただけると、とてもうれしいです。

≫アンインストール

残念ながら、利用を止める場合は、以下の作業を行います。

設置サーバの /ci/ 以下を全て削除して下さい。

以上です(T. T;)

≫謝辞

CastInfo の開発に当たって、多くの方にご意見や知識を賜りまして、感謝しております。

特に、以下の方々によるライブラリがなければ CastInfo はあり得ません。

Special Thanks to :

歌代 和正さん(jcode.pl)、大崎 博基さん(filelockルーチン)、そして、ユーザの皆様

いつも応援ありがとうございます。