TOP > アマゾネス
最新リリースはパッケージ 0002 (2005/04/23)です。★更新履歴

≫目次


Amazon検索窓出力例
楽天検索窓出力例

≫概要

「アマゾネス」は、訪問者のリンク元から検索キーワードを抽出してアマゾンや楽天の検索リンクを出力する、アフィリエイト支援CGIです。

*残念ながら SSI が使用できないサーバでは利用できません。

▲目次

≫動作環境について

「アマゾネス」の推奨動作環境は以下の通りです。

プラットフォームUNIX(Linux/FreeBSD/Solaris)
WebサーバApache
サーバ設定要件SSI可
PerlバージョンPerl5.6以上
文字コードShift_JIS
ブラウズIE6で検証

それぞれソフトのバージョンや組み合わせの相性・設定に依存する部分も多く、あくまでも推奨です。

▲目次

≫ダウンロード

「アマゾネス」はフリーウェアです。

スクリプト利用規定に同意の上、無料でお使い頂けます。

ただし、ダウンロードには、bayamate への登録が必要です。

商用利用や代行設置には事業者登録が必要です。

E-mail  利用規定に同意します。 

▲目次

≫設置(インストール)方法

設置までの手順は以下の通りです。

*スクリプトの編集はテキストエディタで行ってください。
  1. アーカイブ(amznsXXXX.lzh)を解凍する
  2. Perlパスを書き換える
  3. amzns.cgi を編集する
  4. ファイルを転送する
  5. パーミッションを設定する
  6. HTMLページにSSIを記述する
ではひとつずつ解説していきます。

1.アーカイブを解凍する

アマゾネス は LHA形式で圧縮し配布しています。

ダウンロード後、解凍作業をするには各形式に対応した解凍ソフトが必要です。

解凍すると以下のファイルが展開されます。


 ・/amzns/ --- アマゾネス用ディレクトリ。
  • amzns.cgi --- 実行ファイル(Perlパス)
  • jcode.pl --- 文字コード変換ライブラリ
  • index.html --- ディレクトリへのアクセス時に表示するindex


  • /ReadMe/ --- ドキュメントなど





2.Perlパスを書き換える

Perlパスを書き換える必要があるファイルは1つだけです。
amzns.cgi の1行目に書かれているPerlパスを設置するサーバの環境に合わせて書き換えます

Perlパスとは #!/usr/bin/perl#!/usr/local/bin/perl という部分のことです。
自分のサーバのPerlパスがわからない場合はサーバの管理者にお尋ねください(たいていは「CGI利用について」などというページが用意されていて、第一に書いてある情報ですが)。



3.amzns.cgi を編集する

amzns.cgi の先頭に近いところに、初期設定が記述されています。
設置環境やカスタマイズしたい内容に合わせて書き換えます。



4.ファイルを転送する

ファイルの転送は FFFTP などのFTPソフトを使って行ってください。
転送モードは テキストファイル( .cgi .pl .html .lck )はアスキーモードで、画像ファイル( .gif )はバイナリモードで転送します(アマゾネスに画像ファイルは含まれませんが)。



5.パーミッションを設定する

以下の構成でサーバにファイルを設置して、パーミッションを設定してください。( [パーミッション値] )

*当幅フォントでないとずれます。


  -┼-/public_html/─┼--index.html [604]
                     │
                     ┼--/cgi-bin/--/amzns/---- amzns.cgi [705]
                         [705]      [705]       jcode.pl [604]
                                                index.html [604]




7.HTMLページにSSIを記述する

では、HTMLページからアマゾネスを呼び出す SSI を記述します。

サーバで SSI が無効になっていると アマゾネス は使用できません。

各ページから amzns.cgi へのパスを相対パスで正しく設定してください。

以下の例は、前述した設置構成例で index.html に出力する場合の例です。

<!--#include virtual="./cgi-bin/amzns/amzns.cgi"-->

アマゾン・サーチボックスを指定する場合は、
<!--#include virtual="./cgi-bin/amzns/amzns.cgi?amazon"-->

楽天サーチボックスを指定する場合は、
<!--#include virtual="./cgi-bin/amzns/amzns.cgi?rakuten"-->

とします。

▲目次

≫サポートについて

設置に関する質問やバグ報告などは、サポート掲示板で受け付けています。

大変申し訳ありませんが、設置方法や改造などについて個別の“メールによる”お問い合わせには応じかねます。全て個人でやっているため、事務処理の軽減にご協力願います。

▲目次

(C) bayashi.net